McAfee Labs 2021年の脅威予測

2021 年度版の脅威トレンド:

  • サプライチェーン バックドア テクニックの流行 – SolarWinds-SUNBURST 攻撃キャンペーンに触発され、同じようなサプライチェーン攻撃が急増しました。
  • コネクテッド ホームによる攻撃経路の拡大 – 人々は仕事でもプライベートでも、ネットワークにつながったデバイス、アプリ、Web サービスを使用しているため家でも攻撃経路が増加し、個人や会社に新しい大きなリスクをもたらしています。
  • クラウド プラットフォーム攻撃は機械化、カスタマイズ化 – クラウド プラットフォームへの攻撃は進化して両極化します。 サイバー犯罪者は、何千種類のホームネットワークへの攻撃の効果を高めるため、攻撃を高度に機械化し、また広範囲を攻撃します。
  • 新しいモバイル決済詐欺 – モバイル決済の利用が増加するにつれ、SMS フィッシングやスミッシングの詐欺メッセージで偽の決済用 URL に誘導して、人を騙そうとする攻撃が増えています。
レポートを読む

McAfee Labs 2021年の脅威予測

詐欺師は製品の返品や修理窓口を装った偽のカスタマーセンターを設置し、メールや SMS でユーザーにリンクを送ります。そしてモバイル決済アプリで返金するように見せかけて、実際にはユーザーに支払いさせる、というスキームが流行することが予測されます。

過去の脅威予測

2020 年の脅威予測

2020 年の脅威予測では、ディープフェイク コンテンツ作成の増加、人工知能 (AI) の進化、モーフィング ランサムウェア、DevSecOps キャンペーンをレポートしています。

レポートを読む

2019 年の脅威予測

2019 年の脅威予測では、複合的な攻撃、脅迫、データ流出などをレポートしています。

レポートを読む

2018 年の脅威予測

機械学習を利用した軍拡競争の激化や、ランサムウェアが狙う新しいターゲットなどについてレポートしています。

レポートを読む