データ侵害を未然に防ぐ

標的型攻撃も進化し、成功率も高くなっています。クラウド サービスの利用が一般的になり、内部からの情報流出も増えています。データ侵害の約半分は内部から発生し、その多くは不注意や誤操作が原因となっています。いずれにせよ、従来のように、ネットワークに対する不正アクセスを阻止するだけでは、データを保護できないことは明らかです。

強力な暗号化、データ損失防止、集中管理を統合した効果的なデータ保護戦略に従って、環境全体でデータの流れを使用を制御する共通のセキュリティ ポリシーを実施する必要があります。

環境全体を保護するデータ セキュリティの強化

高度なデータ セキュリティ

データ保護ポリシーを IT 環境全体に施行します。オンプレミスのエンドポイントだけでなく、ファイル サーバーやクラウド サービスにも適用します。

データの保護

非常に高度なドライブ暗号化、Windows と macOS のネイティブ暗号化機能の管理により、重要なデータを保護します。 侵害が発生しても、暗号化技術により、ハッカーによるデータ アクセスを阻止します。

セキュリティの簡素化

セキュリティ管理プラットフォームでポリシーを一元管理し、配備と施行を行います。また、強力なレポート機能とインシデント ワークフローも利用できます。

ポートフォリオ

より詳しい情報は?

お客様からのご質問にお答えします。実装方法、価格、技術仕様などについては、弊社までお問い合わせください。

お問い合わせ