セキュリティ システムの自動化によるオーケストレーション

しかし、大半のサイバーセキュリティ システムは独立して稼動しているようです。複数の製品を継ぎ接ぎで利用している場合が多く、管理作業は難しくなっています。 セキュリティ機能が連携していないため、防御に隙間が生じています。

オープンな統合ファブリックで単体製品を連携し、脅威インテリジェンスを共有することで、様々な問題が解決されます。 McAfee は、1 つのシステムでセキュリティ機能を管理し、共通の通信ファブリックを介して脅威情報を共有します。 サイバーセキュリティ製品の力を集結し、万全なセキュリティ体制を構築しましょう。

自動化とオーケストレーションでイニシアティブとソリューションを実現

OpenDXL

セキュリティ業界の断片化を解消するために、McAfee では、オープンな通信ファブリックである OpenDXL を推進しています。この共通プロトコルを使用することで、様々なサイバーセキュリティ技術の統合が可能になります。

詳細を見る

SIEM

弊社の高性能で強力なセキュリティ情報/イベント管理 (SIEM) サービスはイベント、脅威、リスクのデータを収集し、包括的なセキュリティ情報を使用してインシデントに迅速に対応します。ログをシームレスに管理し、コンプライアンス レポートを作成できます。

詳細を見る

Cyber Threat Alliance

McAfee、Symantec、Fortinet、Palo Alto Networks が創設したこのアライアンスでは、ゼロデイ脆弱性などの有益な脅威情報をメンバー間で共有しています。

詳細を見る

より詳しい情報は?

お客様からのご質問にお答えします。実装方法、価格、技術仕様などについては、弊社までお問い合わせください。

お問い合わせ