人と機械の長所を組み合わせてセキュリティを強化

対処すべき脅威や情報の利用は人間の能力を超えるレベルに達しています。膨大な情報に迅速に対応するには、コンピューターを活用する必要があります。

しかし、機械の処理能力だけでは、攻撃者の知恵や工夫に打ち勝つことはできません。 どちらが欠けても効果的なセキュリティ対策を行うことはできません。人と機械が連携し、1 つのチームとして機能することが重要です。

McAfee では、進化の速度に合わせるために「人と機械の連携」を実現する多層的なアプローチを採用しています。

McAfee ソリューションで利用している機械学習では次の情報を処理します。

  • データが収集され、計算される場所
  • 必要なローデータ、サンプリングが適用可能かどうか
  • 帯域幅とレイテンシのコスト
  • 定期的または継続的な学習を行う場所
  •  データの保存場所、方法、タイミング
  • 顧客のプロセス、メタデータ、法規制の変更に伴い、モデルを再計算する頻度。

機械学習の進化と脅威対策の向上

ディープ ラーニングと AI

最近の調査によると、高度な検出機能を実現するために機械学習に対する期待が高まっています。  McAfee では、セキュリティ技術に機械学習だけでなく、人工知能 (AI) やディープ ラーニングなどの高度な技術も取り入れています。

多層的なアプローチ

ディープ ラーニングは、機械学習をベースにした分析アプローチで、人間の頭脳のように多くのニューロンを多層的に利用します。

人に似た推論

機械学習、ディープ ラーニング、人工知能は進化を続け、人間のように複雑な認識が可能になりつつあります。

ポートフォリオ

より詳しい情報は?

お客様からのご質問にお答えします。実装方法、価格、技術仕様などについては、弊社までお問い合わせください。

お問い合わせ