Linux 環境をリアルタイムで常時保護するマルウェア対策。

クロス プラットフォームのセキュリティ

Linux 環境では転送されない Microsoft Windows のマルウェアもブロックします。

自動更新によるコストの削減

McAfee Labs から自動的にセキュリティ更新を取得します。サーバーを再起動することなく、Linux ウイルス対策を常に最新の状態にしておくことができます。

手間のかからない集中管理

McAfee VirusScan Enterprise for Linux は McAfee ePolicy Orchestrator で管理します。この拡張性に優れたツールで、ウイルス対策やポリシーを施行し、管理します。

リアルタイムの保護対策

McAfee VirusScan Enterprise for Linux は、リアルタイムでウイルスを阻止し、Linux 環境を常時保護します。

新しいカーネルを迅速に配備

カーネルをフックすることなく、オンアクセス スキャンを実行します。新しい Linux ディストリビューションをロールアウトする時間と労力を軽減できます。

新しいマルウェアをブロック

動作ベースのルールでマルウェアの新しい亜種を識別し、ブロックします。パッチをダウンロードする必要はありません。

製品機能

アーカイブ ファイルに潜む脅威を検出して阻止

アーカイブ スキャン機能が脅威を検出してブロックします。より完全なマルウェア対策を行うことができます。

データシート

ダウンロード

VirusScan Enterprise

詳細を見る

詳細情報

お問い合わせ