包括的なデータ損失防止を行うスイート

データのある場所を保護する

Total Protection for Data Loss Prevention (DLP) は、オンプレミス、クラウド、エンドポイントなど、データの場所に関わらず知的財産を保護し、法令を遵守します。

コンプライアンスを維持

データの重要度に応じて修復作業の優先度を判別し、コンプライアンス対応を行います。

配備と管理が簡単

物理アプライアンスとメンテナンスに手間のかからない仮想アプライアンスで提供される McAfee Total Protection for DLP は McAfee ePolicy Orchestrator (McAfee ePO) を使用します。配備、管理、更新、レポートを簡単に行うことができます。

DLP を 1 つのソリューションで

このスイートには、データ損失防止のコア コンポーネントである McAfee DLP DiscoverMcAfee DLP PreventMcAfee DLP MonitorMcAfee DLP Endpoint が含まれています。

インシデント管理とレポートの一元管理

違反の発生場所が社内のデバイスかクラウド アプリケーションかに関係なく、すべての DLP 違反を McAfee ePO で管理し、レポートできます。

オンプレミスとクラウドで DLP ポリシーを同期

エンドポイント、ネットワーク、クラウドに共通のポリシーを適用できます。 データの環境が変わっても、ポリシーを作り直す必要はありません。

製品機能

可視化

キャプチャ技術により、データの使用方法とデータの流れを確認できます。

データの迅速な識別

強力なデータ分類機能が組織に重要なデータを識別し、分類します。

ポリシー違反の修復

ポリシーに違反するデータ転送を暗号化、リダイレクトまたはブロックします。

Total Protection for DLP スイート

McAfee Total Protection for DLP には、次のコンポーネントが含まれています。

ソリューション概要

ダウンロード

詳細情報

お問い合わせ