オンプレミスからクラウドまでを保護するワークロード セキュリティ

検出と配備を自動化

自動テンプレートとワークロードの継続検出により、初日からすべてのアカウントのインスタンスを集中管理できます。

ネットワーク脅威の可視化と制御

クラウド ネイティブのネットワーク可視化、優先順位に基づくリスク警告、マイクロセグメンテーションによって可視化と制御を行い、データセンターの側面からの攻撃と外部からの脅威の両方を阻止します。

高度な攻撃からワークロードを保護

機械学習、アプリケーションの隔離、仮想マシン用に最適化されたマルウェア対策、ホワイトリスト、ファイル整合性監視、マイクロセグメンテーションなどによりワークロードを保護します。

検出と防御

CWS はエラスティックなワークロードを自動的に検出し、保護します。セキュリティの盲点をなくし、高度な保護対策を実現できます。また、管理作業も簡素化されます。

簡単になったクラウド セキュリティ管理

コンソールの 1 つのペインで、物理環境、仮想環境、マルチクラウド環境のポリシーを一元管理できます。

複雑さを解消

ワークロードが自動的に一元管理されるので、セキュリティを効率的に管理できます。また、隔離と修正処置をワンクリックで行うことができます。

クラウドと DevOps の統合

AWS、Microsoft Azure、VMware 環境と直接統合できるので、Chef、Puppet、シェル スクリプトにより可視化と配備の自動化を実現できます。

仮想ワークロード用に最適化

仮想インスタンス用に最適化された高度なホストベースのセキュリティでワークロードを保護します。リソース不足を回避するため、基盤となるインフラに影響を及ぼすことはありません。

多層防御

操作が簡単な多層防御システムで高度なマルウェアや侵入から IaaS 環境を保護できます。

製品機能

クラウド ネイティブのネットワーク制御

クラウド ワークロードの検出と制御機能が強化されているため、データセンターに対する側面からの攻撃だけでなく、外部からの脅威も阻止できます。

クラウド プロバイダーと直接統合

Amazon Web Services などのクラウド プロバイダーと直接連携します。 AWS Guard Duty アラートを McAfee ePO に統合することで、EC2 インスタンスに対するネットワーク接続、ポート プロブ、DNS リクエストを表示できます。

購入方法

  Cloud Workload Security Basic Cloud Workload Security Essentials Cloud Workload Security Advanced
一元管理 (McAfee ePOプラットフォーム)      
複数のクラウドに対応 (AWS、Azure、VMware)      
マイクロセグメンテーションによるワークロードとコンテナーの隔離      
McAfee Management for Optimized Virtual Environments (エージェントレス/マルチプラットフォーム)      
サーバー OS (Windows、Linux) を保護する McAfee Endpoint Security 脅威対策      
ホスト ベースのファイアウォール      
AWS と Azure (セキュリティ グループ) のネイティブ ファイアウォールの管理      
ホスト侵入防止とエクスプロイト防止       
AWS と Azure のタグ情報を McAfee ePO にインポート      
非対応のワークロードでの自動修復      
機械学習を利用した適応脅威対策       
ネットワーク トラフィックの可視化とマイクロセグメンテーション      
Global Threat Intelligence レピュテーション スコアを利用したクラウド ネイティブ ネットワークのトラフィック分析      
McAfee Virtual Network Security Platform の統合      
McAfee Application Control 経由でサーバーを動的にホワイトリストに登録      
McAfee File Integrity Monitoring による継続的な監査ロギング      
McAfee Change Control for Servers によるファイルとフォルダーの保護      

データシート

ダウンロード

詳細情報

お問い合わせ