変更の検出と一元管理

ファイルの整合性を常時監視

Change Control のファイル整合性モニタリング (FIM) がファイルとレジストリ キーに対する変更を追跡し、ファイルの変更者を特定するので、PCI DSS 要件を遵守できます。

サーバー環境で不要な変更を防止

変更防止機能により、重要なファイル、ディレクトリ、設定の改ざんを防ぎます。 サーバー環境で、設定したポリシーに一致しない変更は一切許可されません。

最小のフットプリントとオーバーヘッド

サーバーのパフォーマンスが低下することはありません。メモリーの使用量が少なく、ファイルのスキャンがシステムのパフォーマンスに影響を及ぼすことはありません。セットアップも簡単です。

変更をすぐに検出

分散している事務所で発生した変更を迅速に検出し、アラートを送信します。これにより、重要なシステム、設定、コンテンツ ファイルを保護します。

法規制の要件に対応

PCI DSS 要件を遵守し、手間のかかるコンプライアンス ポリシーの管理を省力化します。

リスクの最小化とコンプライアンスの維持

McAfee Application Control と McAfee Change Control により、脆弱性を解決し、コンプライアンスを維持できます。

製品機能

重要なアプリケーションの保護

重要なファイルとレジストリ キーの改ざんを防ぎます。

サーバーを常時稼働

変更に起因する停止や遅延を発生させません。

データシート

ダウンロード

無料トライアル

ダウンロード

詳細情報

お問い合わせ