アプリケーション レイヤーのモニタリングで脅威を阻止

アプリケーション レイヤーの脅威を検出

アプリケーションのコンテンツ全体とプロトコルを調査し、隠れたペイロードやマルウェア、隠れた通信チャネルを検出します。たとえば、PDF 文書に埋め込まれた実行ファイルを検査します。

データ漏えいとコンプライアンス違反の検出

メールの添付ファイル、インスタント メッセージ、ファイル転送、HTTP 送信、その他のアプリケーションで転送される重要な情報を検出し、すぐに警告を送信して情報の漏えいを防ぎます。

文書の検出

ネットワーク上で送受信される 500 種類以上の文書を識別します。 他の文書に埋め込まれた文書や、アーカイブ、圧縮、エンコーディングされた文書も検出し、評価します。

ネットワークの可視化を強化

アプリケーションの実際の使用状況を正確に分析し、ポリシーを施行して不正なトラフィックや不審なトラフィックを検出します。

セッションの詳細情報を収集し、すべての違反を検出

アプリケーション セッション全体をレイヤー 7 にデコードします。500 以上のアプリケーションとプロトコルに対応しています。

包括的な監査証跡

アプリケーション イベントの完全な監査証跡を生成します。コンプライアンス対応だけでなく、アプリケーションの干渉を回避できます。

製品機能

インフラへの統合

McAfee Enterprise Security Manager と McAfee Application Data Monitor を既存のセキュリティ インフラに統合すると、セキュリティ管理作業が簡素化されます。作業効率を改善し、管理コストを削減できます。

干渉のないアプリケーション

McAfee Application Data Monitor アプライアンスは、SPAN ポート上で動作するので、アプリケーションのパフォーマンス、信頼性、待機時間などに影響することはありません。

プロトコルの異常

McAfee Application Data Monitor は、過去のネットワークの動作からアプリケーションとプロトコルの異常な動作を検出します。より強固でプロアクティブなリスク検出が可能になります。

データシート

ダウンロード

Enterprise Security Manager

詳細を見る

詳細情報

お問い合わせ