エンドポイントで高度な脅威を阻止する検出対応ツール

エンドポイントを継続的に監視

攻撃の兆候や休眠中の攻撃コンポーネントの可能性があるイベント、ファイル、ホスト フロー、プロセス オブジェクト、コンテキスト、システム状態の変化を監視します。

より迅速な識別と修復

セキュリティ問題の迅速な修復に必要なツールを利用できます。 脅威情報を分析、オペレーション、フォレンジックの各チームに送信できます。

重大な脅威に迅速に対応

脅威の検出時に実行されるアクションが事前に設定されています。これらのアクションはカスタマイズ可能です。特定の脅威を迅速に排除できます。

脅威データに迅速にアクセス

現在の脅威データと履歴データを検索し、攻撃の範囲を特定できます。調査を効率的に行い、対応時間を短縮できます。

迅速な警告

攻撃手口の変化に合わせてカスタム検索または標準検索を実行できます。特定の兆候をドリルダウンすると、脅威の詳細や範囲、修復方法を確認できます。

ワンクリックで修復

1 回の操作で保護、修復、適応を行います。 脅威に自動的に対応します。手動操作は不要です。

製品機能

集中管理

McAfee ePolicy Orchestrator では、1 つのコンソールで包括的なセキュリティ管理を行うことができます。

統合セキュリティ アーキテクチャ

McAfee Active Response は、Data Exchange Layer を利用して、他の McAfee 製品との通信を簡素化します。

システムを詳細に分析

システムからデータを検索し、表示します。

データシート

ダウンロード

MVISION EDR

詳細を見る

詳細情報

お問い合わせ